新しいブログ

2018(平成30)年 5月7日(月)




永らくお世話になったこのブログですが、

お知らせしたように ファイル容量が一杯になり、

記事 (特に画像) をアップできなくなりました。


いろいろ考えて、別のブログを始めることにしました。



新しいブログの名前は 

    曇り時々お遍路 Ⅱ

    http://oshikoku0459.blog.fc2.com/blog-entry-1.html 

 

です。 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山から

2018(平成30)年 4月29日(








昨日は天橋立からまっすぐ帰ることも出来ましたが、

久しぶりの外出なので、少し旅気分を味わおうと思い、

福知山(京都府)に一泊することにしました。




Img_2558


部屋からJR福知山線が見えます。




Img_2555


ホテルのサービスコーヒーとミスド、コンビニパンでの朝食。








Img_2560


懐かしい JR石原(いさ) 駅




Img_2597


2巡めの 関西花の寺 第1番:丹州觀音寺(たんしゅうかんのんじ)



Img_2563


名物のアジサイはまだ早いようです。




Img_2572


Img_2573


本堂の横のアジサイは咲いていました。


関西花の寺については


     http://hana25.com/


を参照してください。






続いて向かったのは









Img_2610


福知山の隣り 綾部市(京都府)にある

関西花の寺 第2番:楞厳寺(りょうごんじ) 本堂


こちらも2巡めですが、

前回(一昨年11月)は庫裏の横の千手観音堂を本堂と思って

何も疑うことなくお参りして納経印をいただきました。

帰ってから本堂は別にある、と知りました。

本堂へは初のお参りです。




前回 綾部市に来たとき 「お寺参りです」と言うと

「安国寺ですか?」 と言われました。

地元では有名なお寺のようなので行ってみます。






Img_2623


安国寺 山門




Img_2634




Img_2611


安国寺 本堂



何か行事があるようで 訊ねてみました。

「○○○の650回忌です」


私には○○○が何だか分かりませんでした。

帰ってから調べてみました。

ここ、安国寺は 足利尊氏の生まれたところ だそうです。





さて、気になっていたところもお参りできたので、

帰るとしましょう。


時間は十分にあるので、高速ではなく一般道路で帰ります。






いったん福知山に戻り、そこから国道429号線を走ります。


市街地を抜けると 急に道が狭くなりました。



Img_9021


大型車 通行禁止 

道幅3m カーブがきつく曲がり切れない。

て、どういう道?






Img_9024


ホンマに狭い  

舗装してなかったら、時代劇のロケに使えそう。



やっと県境(京都府と兵庫県)の峠を越えて


Img_2646


ふもとに下りてきたら パラグライダーの練習中。

よろしいなぁ・・  のどかで・・・




一般道を走って兵庫県青垣町に入ったワケは




Img_2677


関西花の寺 第4番 高源寺 


関西では紅葉が有名なお寺ですが、

私は新緑の時期も好きなので、立ち寄ることにしました。

こちらも2巡めです。





Img_2663


新緑がまぶしい とは こういうことでしょう。



そこからまた 一般道を走ります。 



Img_2680


生野ダムのダム湖 銀山湖 の周りを走り





Img_9037


JR生野(播但線)駅前に来ましたが、

食事ができそうなところはありません。

タクシーが来たので運転手さんに尋ねて、

紹介してもらった店は満席でした。



あきらめて福崎町まで帰ってきました。



道沿いに食堂らしき看板を見つけてUターンしました。






Img_2682


Img_2685


えびマヨ定食  えびマヨも山盛り、

から揚げも巨大サイズが2個。

厨房からは中国語が飛び交い、味も申し分なし。

これで 1080円は安いと思う。


2日間で480キロ走りました。




    ファイルの容量を気にしながら、画像も圧縮して

    何とか収まりましたが、

    またしても 一杯になりました。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山へ

2018(平成304)年 4月28日(



西国28番:成相寺から 天橋立の駅前まで来ると、

道路は観光客であふれていました。


展望台から景色を楽しもうと思っていましたが、

人ごみに圧倒されてしまいました。






天橋立を予定より早く出たので、

綾部市にある 安国寺 へ行こうかと考えましたが、

時間も中途半端だったので、

今日の宿のある 福知山市へ向かうことにしました。


宿について まずシャワーを浴びて、

ごろんと大の字になって寝転びました。

今朝は3時半ごろに目が覚めて、

ごそごそと準備をして5時過ぎに出発したので、

もっと疲れているかと思いましたが、

意外と元気でした。




今夜の夕食はどこにする?

フロントでもらった地図を見て、

まず、初めに向かったところは 見た目が何となく・・・


次は居酒屋へ行きましたが、

こちらも何となく・・・

生ビールと塩カツオ、お通しのスジ煮込みだけで

「お会計 お願いしま~す」




しばらく うろついてから

全国チェーンの中華料理屋さんで定食をいただきました。



結局、初めからここにすれば良かったと思いました。

部屋に戻って 横になると

そのまま 眠ってました。



ZZZZZ zzzzz ・・・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛院 不動講

2018(平成30)年 4月28日(



一ヶ月以上お休みしての更新です。

今までの記事の中で、どうでもいい記事をいくつか消去して

少しだけ、余裕を作りました。

ブログのダイエットやぁ~。

使用量を抑えるために画像は小さくなってますが、

クリックすれば大きく表示されます。

久しぶりの記事は 関西花の寺第3番:金剛院 へのお参りから。


金剛院では毎月28日朝8時から、本堂で不動講が催されているとのこと、

それを知ってから、行きたい、行きたいと念じていて、

今回ようやくその願いが叶いました。



朝5時過ぎに家を出て、中国自動車道、舞鶴若狭自動車道を経由して

7時半ごろに金剛院の駐車場に着きました。






Img_2449_2

長い石段を上がったところにある本堂では






Img_2452


地元のみなさん、山伏装束の方々などが準備中。



8時前、ご住職が入ってこられて少しお話しをされて、

いよいよ護摩行が始まる。

護摩木の炊き上げ(火のなかに入れて燃やす)に続き、

大きな太鼓の音、杖錫を振る音に合わせて、

般若心経を皆で唱えるとともに、炎が一段と大きく、高くなる。




本堂に鳴り響く太鼓、杖錫の音と読経の声。

なんとも厳かな、かつ迫力。



終わってから庫裏で皆さんと一緒にお茶をいただき、

しばらくご住職とのお話しの後、舞鶴市内へ移動。







Img_2463_2



今日はJR松尾寺(まつのおでら)駅の駅ネコはいなかった。

GWでどこかお出かけか?








Img_2470


続いて五老ヶ岳公園からの舞鶴湾の眺め。




Img_2472_2


五老スカイタワーは こどもの日モード満開








来る途中に見かけた 海上自衛隊の船が気になって

赤れんがパークの駐車場で尋ねると

体験乗艦をやっているらしい!!!







Img_2480


入場手続き(簡単な注意を聞くだけ)を済ませて波止場に出ました。




Img_2489


護衛艦3隻が並んでいます。




Img_2491


そこにいた制服の自衛官の方に撮っていただきました。



Img_2503


隣の 護衛艦やすこ  もとい、 まつゆき に移乗。



たっぷり楽しんだ後は



Img_2515



せっかくなので 赤れんが倉庫へ





Img_2527


お昼は 大六丸 (魚屋さんがやっているイートイン)で

新鮮な海鮮丼をいただきました。


運ばれてきたとき、 これ海鮮丼? と聞いてしまいました。


みそ汁にも貝と魚の身がごろんと入っていて、

刺身もエビ、貝、イクラ、魚と どれも美味しいものばかり、

貝好きの○○○さん、 機会があれば、ぜひ。






お腹も膨れて、さて、ここから宮津へのドライブ。


途中で





Img_2532


タンゴ鉄道 宮津線 由良川橋りょう。

もう少し上流側から見ると 海に浮かぶ橋りょう に見えるらしい。




Img_2536


ちょうどええタイミングでやって来ました。

あかまつ号 くろまつ号かどうかは?



  -  つづく -





| | コメント (2) | トラックバック (0)

しばらくの間

2018(平成30)年 3月20日(火)



先日からブログの画像添付ができなくなり、

調べてみると、ディスク容量が一杯でした。




このブログを始めたのが2010年10月。


歩きへんろ1巡めだけをアップするつもりでしたが、

その時には2巡めを始めていたので、

1巡めのアップを終える頃から2巡めの記事も書くようになり、


どっちのときの記事か分かりにくい、と

お叱りをいただいたこともありました。



私自身、こんなに長く続けるとは思ってもいませんでした。





途中で日頃のあれこれも書くようになり、

オヤジとオカンのダブル介護のことなども書いてしまい、

一時期 お遍路に関係ない記事は整理したのですが、

この度、こういう状態になったのを機会に、

今後 どうするかを考えたいと思います。




しばらくの間 記事の更新はありません。



もしかしたら、 ・・・と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手柄山 その4 最終章

2018(平成30)年 3月14日(水)




手柄山の慰霊塔が ほぼ山頂にあり、

南側に少し下りていくと、



Img_2298


この建物があります。



Img_2301



ロサンゼルス空港タワーを模したデザインだそうです。

ここは




Img_2303

回転展望台です。



Img_2304
4階には 喫茶店があります。

  (2階 3階 は何もありませんが)


エレベーターで上がります。



Img_2305


満席で しかも階段には行列が出来ています。



Img_2306



ここは 1966(昭和41)年の姫路博に合わせて開業しました。

床の外側部分が14分で一周するようになっていて、

周りの景色、姫路の市街地を見ることができます。

建物の老朽化などの問題で、

3月で営業を終わることが決まりました。

テレビ 新聞などに取り上げられて、大勢の人が押しかけています。


私も何度か来たことがありますが、

たいてい、客は1組か2組しかいませんでした。


営業を終わるとなったとたん、この混みよう。


左に写っている人は

「1時間以上待ってます」



エレベーターに乗り合わせた人の会話

「大阪から来たのよ、NHKでやってたのを見て」

「千葉から来ました、知り合いに聞いて」



2代目のマスター どんな気持ちでしょう・・・







私はとても待つ気にはなれず、

階段も渋滞していたので、



Img_2307

エレベーターで降ります。





Img_2309


エレベーターを出た目の前に 平和資料館 があります。

太平洋戦争のころの街の様子や、

そのころの生活を知るものが展示、放映されています。



Img_2314


そのまま 南側に降りていきます。



Img_2315


車道の上り口に公園があります。



Img_2316


目の前に 野球場があります。

右には (写ってませんが) 室内競技場もあります。




Img_2317


この野球場、 もとは 姫路球場 と言っていましたが、

WINK(ウィンク)球場と名前が変わりました。

地元のケーブルテレビ局の名前です。


高校野球の兵庫県大会  アマチュア野球大会

プロ野球のオープン戦などに使われています。


小学生のころ 阪急=西鉄 のオープン戦を見ました。







Img_2320


ここにも 姫ちゃり サイクルステーション があります。


貸し出し手続きをして、借りることにしました。





Img_2323


のんびり JR姫路駅 南口近くまで戻って来ました。


JR姫路駅が高架になり、豆腐町の踏切はなくなりました。

「開かずの踏み切り」 として有名でした。



ヤマトヤシキが111年、

手柄山回転展望台が52年、

モノレールは 2年。




子供のころの記憶が だんだんと消えていきます。



代わりに 新しいものが出来ていますが、

なじみがない、と言うか、  興味がわきません。



老兵は去るのみ  なんでしょうか・・・・








| | コメント (0) | トラックバック (0)

手柄山 その3

2018(平成30)年 3月14日(水)







モノレール展示室の反対側の出入り口から外に出ると



Img_2262


きれいな花壇があります。

ここ、手柄山には 姫路緑化センターがあり

いつも手入れがされています。



通路には

Img_2272


モノレールの台車が展示されています。




Img_2265


コンクリートの脚のレールをはさむ車輪

上と下側の左右にあります。

コの字型にレールを挟むような格好です。




Img_2270


グレーに塗装されているのは金属ですが、

塗装されてないのは木製の部品です。


なぜ木を使っているのでしょうか?

振動を抑えるため?  電気を通さないため?







もう一度 展示室に入ります。





反対側の運転席には、







Img_2273



無事に到着して 汗をぬぐう運転手さん。


モノレールが開通したころ、こんな冗談を言うてました。


「モノレール いつ 乗れる?」

  「もう 乗れる」




いまはもう 乗れません。

乗ることができるのは ここだけです。






Img_2274


窓の外には 姫路名物 御座候 の広告があります。


今では全国に広まっていますが 姫路が発祥です。


1階に降りると


Img_2275


台車部分を見ることが出来ます。



その後、3階の展示室の出入口を出ると


 

Img_2278


駐車場から姫路市街を展望できます。

新幹線のレールとその下にJR在来線、

その向こうに姫路城、さらに向こうに広峯山が見えます。





Img_2286


太平洋全国戦災都市空爆死没者慰霊塔です。

昭和31年10月に建立されました。

左右の壁に全国の空爆被災地名と被害者数などが記されています。

手前の松は 常陸宮 高円宮 皇太子(今上天皇) お手植えです。



私が子供のころ手柄山といえば この慰霊塔だけでしたが、

今の手柄山には 他にもいろいろな施設があります。




   - 続く -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手柄山 その2

2018(平成30)年 3月14日(水)





山電 手柄駅 から



Img_2207


踏切りを渡り 西に向かって歩きます。






Img_2209


江戸時代に 瀬戸内海と姫路城をつなぐ

運河として掘られた 船場川 を渡り、

向こうに見える 山 まで行きます。






Img_2213


いろいろな施設があります。





Img_2220


階段を上って




Img_2224


西洋のお城のような ここは?




Img_2226


姫路市立水族館 と モノレール展示室 です。




Img_2229


姫路には かつて モノレールがありました。




Img_2230


その車両が保存されています。



Img_2233


1966年5月17日 開業。



  当時 手柄山周辺で 姫路博覧会(姫路博)が開催され

  それに合わせての開業でした。

  JR姫路駅の西に 大将軍橋 (JRの線路をまたぐ陸橋) があり、 

  すぐ横に駅とマンションを兼ねたビルがありました。

  開業当時は多くの観光客を運びましたが

  2年で営業を止め、大将軍駅ビルも解体されました。

  最後の頃には 乗っていたのは運転手 車掌 乗客1人 という

  冗談のような笑えない話しがありました。


  大将軍駅を出るとき ウォ~ン という音がして

  中学生だった私は 授業中にその音が聞こえてくると

  窓の外を見ていて 先生に叱られました。

  「モノレールの音がしたから」 と言っても

  「うそをつくな」 と言われ、

  次のときに 「今から走るから」 と実際に走るのを見て

  先生も納得しましたが、

  「だからと言って よそ見してはいかん」

  と、結局 叱られました。

   




Img_2231


祝 開通 のマークが何とも言えません。




Img_2238

 

きれいに保存されています。



Img_2250



車体各部の部品





Img_2243


両替機   運賃箱  車掌さんのカバン



 
Img_2255


私がいちばん関心をもったのは これ。

図面を見ると わくわくします。





   - 続く -






| | コメント (0) | トラックバック (0)

手柄山 その1

2018(平成30)年 3月14日(水)



今日はホワイトデーです、 て 

朝からテレビで どの番組でも言うてた。


もろてないから 関係ない!




今日もええ天気なので、


バタバタと準備して




Img_2181


ここまで歩いて来て



Img_2183


ここは




Img_2185


山陽電車 (通称 さんでん)  姫路駅



Img_2189


阪神電車と相互乗入れなので 

阪神梅田までの 直通特急も出ています。



私が乗るのは

Img_2196


須磨行き 普通電車




Img_2199


新型車両です



Img_2197


座席の模様は 

兵庫県の県花 のじぎく をデザインしたとか。



昨年11月に 3000形の車両が引退して話題になりました





Img_2200


その代わりの新型でしょうか?

車両番号 6304 号 

製造年月 平成 29年 4月   とあります。






Img_2201


姫路駅から ひと駅




Img_2203


てがら (手柄) 駅 に着きました。





Img_2205


駅前に 姫ちゃり サイクルステーション があります。


JR姫路駅前を中心に 市内のあちこちにあり、

1時間 100円で乗れます。

追加は30分 100円です。

借りたステーション以外でも返却できるので、

あちこち移動するには便利です。

詳しくは

     http://interstreet.jp/himeji/

を参照してください。




私は ここから歩いて行きます。






   - 続く -









| | コメント (0) | トラックバック (0)

26年間 ありがとう

2018(平成30)年 2月28日(水)




姫路市にある、書写山ロープウェイが

客車(ゴンドラ)の取替え工事のため 

2月25日(日)から3月17日(土)の間 運休しています。



山上にある 西国27番札所 書写山 圓教寺への参拝は

ロープウェイ山麓駅に 出開帳(でかいちょう) されています。


仮の (と言うてもええんでしょうか?)

ご本尊と納経所があります。









Img_1857


新しい客車(ゴンドラ)の取付け工事中です。





Img_1865


クレーン車の下には




Img_1868


今まで使われていた客車が降ろされています。





Img_1876_2



向こうには もう1台の客車があります。


客車には それぞれ 海彦号 山彦号と名前がありますが、

どちらが 海彦号 で どちらが 山彦号 かは分かりません。





Img_1877


26年間 ありがとう!




3月18日(日)からは 新しい客車で運行されます。


一番乗りを目指す方も多いのでは?




事務局長さん いかがですか?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

«111年間 ありがとう